• トップページ
  • 楽器在庫
  • 新着楽器
  • セール
  • ソフト&アクセサリー
  • 買取/下取/委託販売
  • リペア/調整
  • ウィッシュリスト

トップページ  >  楽器在庫  >  James Goodall Crossover PEXC6091 2010s

製作:2010年代/コンディション:N.Mint/トップ:ポートオーフォードシダー/サイド:パロエスクリートローズウッド/バック:パロエスクリートローズウッド/ネック:マホガニー/指板:エボニー/ナット幅:47mm/スケール:650mm/弦高(12F):6弦 3.0mm、1弦 2.4mm/ケース:OHC
-------------------------------------------------------------------

James Goodallは往年の評判もさることながら、近年は精鋭によるより精度の高い高品質なギター製作をめざし、最近は最もバックオーダーの取りにくいルシアーのひとりに数えられます。本器は2010年代に製作されたナイロン弦Clossover、スロッテッドヘッドに47mmナット幅のネック、やや小ぶりなボディにベネチアンカッタウェイが施されています。トップにはポートオーフォードシダー、サイド&バックには珍しいパロエスクリートローズウッドが使われ、最高の材と精度の良い仕上げによる美しくエレガントなルックスにしばし見惚れるほどです。

粒立ちの音色はバランスの良さも格別、上質な出音には艶やかさと色気があり、遊び心が感じられます。サイド&バックに使われたパロエスクリートローズウッドはインディアンローズよりも重量がやや軽めで、レスポンスの速いリッチなサウンドも素晴らしいかぎり、プレイヤーのタッチがそのまま再現されるような鮮やかな出音です。クラシカルなサウンドを志向しつつも、奥行き感のあるメロディアスな響きはフィンガー・ソロギター、インストゥルメント、ジャズ、ボサノバ、ポップスまでジャンルの枠を超えてオールラウンドに表現できるギターです。

ほとんどキズもみられない新品同様に近いコンディション、ナット幅47mmはアコースティックギターを弾かれる方にも押弦しやすいシェイプです。ボディ内部には本モデルの仕様PEXC(パロエスクリートローズウッド+エボニー+ポートオーフォードシダー+カッタウェイ+モデル名)が記載されています。クラシカルなフィーリングとモダンな演奏性を見事にマッチさせた逸品です。

オリジナルハードケース付属

在庫確認・お見積はこちら

電話:078-391-1134 FAX:078-391-1186
でのお問い合わせも承っております。

ページ上部に戻る