• トップページ
  • 楽器在庫
  • 新着楽器
  • セール
  • 買取/下取/委託販売
  • リペア/調整
  • ウィッシュリスト
  • ブログ

トップページ  >  楽器在庫  >  Gibson L-48 1959

製作:1959年/コンディション:EXC.+/トップ:ラミネーテッド・マホガニー/サイド:ラミネーテッド・マホガニー/バック:ラミネーテッド・メイプル/ネック:マホガニー/指板:ハカランダ/ナット幅: 43mm/スケール: 620mm/弦高(12F):6弦 2.5mm、1弦 2.0mm/ケース:CBC
-------------------------------------------------------------------

戦後間もない1946年に登場して以来、使用木材など幾度もの仕様変更を重ねて1971年まで生産されたアコースティック・アーチドトップ"Gibson L-48"。当初はジャズバンドでリズムを刻むだけの役割だったアーチドトップギターですが、その素朴で味わい深い魅力は多くのミュージシャンの心を捕らえ、ブルースマンたちがフラットトップから持ち替え、オープンチューニングのスライド・ブルースなどにも使われました。マホガニートップ&再度のL-48はメイプル・サイド&バックのL-50と共に、いわゆるフルアコとは別の"ピックギター"というジャンルを確立していった歴史的なモデルといえるでしょう。

1959年製の本器はトップとサイドには幾重にもラミネートされ強度を持たせたマホガニーを、バックにはラミネートされたメイプルを使用。指板にはハカランダが使われています。コードワークに適した歯切れのよいカッティングサウンド、マホガニートップのふくよかな中音域にほどよいリヴァーブ感がなんとも心地よいヴィンテージ品です。

50’sストレートネックはほどよい太さのしっかりとしたグリップ感、フレットも十分に残っており弾きやすく調整されています。ペグは交換され動作は良好、ネックジョイント横にストラップピン穴、各部に細かなキズやデントはあるものの大きなものはなく、およそ60年もの経過を考えるとたいへん良い状態です。サスティンの短い枯れたテイスト、絶妙なリヴァーブはジャズやブルースはもちろん、カントリーブルース、フォークの弾き語りなどトラディショナルなアメリカンミュージックにも最適です。16インチ幅アーチドトップのふくよかな木鳴りを心ゆくまで楽しめるヴィンテージ・ギブソンです。

チップボードケース付属

在庫確認・お見積はこちら

電話:078-391-1134 FAX:078-391-1186
でのお問い合わせも承っております。

ページ上部に戻る