トップページ  >  楽器在庫  >  Bourgeois Large Soundhole OM 2018

1980年代ショーンバーグとともにマーティン社のレギュラーラインにOMモデルを復活させ、ギターのヴォイシング技術と木材選定の権威として次世代の製作家に大きな影響を与え続けるルシアー、ディナ・ボジョア。本器は「ラージ・サウンドホールOM」、ノーヘッドロゴ、ヘッド裏Bourgeois ロゴ、ジリコテヘッド化粧板、Waverly製レリック・オープンバック・チューナー、ノーインレイ・フィンガーボード、スモールピックガード、ヘリンボーン・トップ・パフリング、ジッパー・バックストリップ、アイボロイド・ボディバインディング。NAMM 2018でブレイクした最新モデルです。

ディナ・ボジョアはOMを中心にあらゆるボディのギターを研究し尽くし、かつてフラットピッキングの名手トニー・ライスとともに試作を重ねた経験と技術を本モデルの開発に役立てました。材はディナ氏自ら厳選したアディロンダックスプルースとインディアンローズウッド。ため息が出るほど美しい仕上がりです。OMにラージサウンドホールは一見ボディが小さいような錯覚を覚えますが、サイズ感は申し分なく、フィンガー、フラットピックどちらも全音域でフレーズの粒立ちとメロディのシークエンスが滑らかに表現され、ショートスケールのプレイアビリティとダイレクトなアタック感、芳醇でパンチの効いたサウンドも素晴らしいかぎりです。ノーヘッドロゴ、ヘッド裏Bourgeois ロゴのシンプルでオーセンティックなルックスと相まってプレイヤーを往年のシーンへと誘います。

このような魅力的なギターはこれまでになく、NAMMショーで注目されたことも頷けます。トニー・ライスのフォロワーはもちろん、パンチの効いたギターをお探しの方にぜひお勧めしたい新作モデルです。

【デモ音源:マドンナのツアーギタリスト、モンテ・ピットマンによるNAMM 2018会場での試奏動画をご覧ください】
製作2018年
コンディションNew
トップアディロンダック・スプルース
サイドインディアン・ローズウッド
バックインディアン・ローズウッド
ネックマホガニー
指板エボニー
カラーナチュラル
ナット幅 44.5mm
スケール 635mm
弦高(12F)6弦 2.5mm、1弦 2.0mm
ケースオリジナル・ハードケース

在庫確認・お見積はこちら

電話:078-391-1134 FAX:078-391-1186
でのお問い合わせも承っております。

ページ上部に戻る