トップページ  >  楽器在庫  >  Gibson ES-350TD 1961

Gibson ES(エレクトリック・スパニッシュ)シリーズは1930年代にピックアップを1基搭載したES-150に始まり、1946年にはフルデプス・ボディ(約3.375インチ)のES-350シリーズが登場しました。当器はES-350TD、ボディー厚(約1.75インチ)のシンライン(Thinline)にピックアップ2基搭載のデュアル(Dual)仕様、1961年製ヴィンテージ品です。ピックアップは1957年にセス・ラヴァーによって開発されたハムバッキングを搭載、1960年代初頭にはピックアップが2基に変更になると同時にフローレンタインと呼ばれる先の尖ったカッタウェイに変更、モデル名もES-350TDとなりました。本器はその仕様変更の時期に製作された1本です。

3プライのメイプルボディから立ち上がるサウンドは格別、カラッと乾いた明るく抜けの良いサウンドが素晴らしいかぎりです。同時期に発売されたバードランドと同じ23.5インチのショートスケールを採用、ラウンドワウンド弦を張ると甘く抜けの良いジャズトーンの柔らかなテンション感とふくよかな余韻もさることながら、 ザクザクとしたカッティングで刻んでもグルーヴィーなトーンが気持ちよく、チャック・ベリーのようにロックンロールでのプレイはもちろん、ブルース、ファンク、フュージョンにも大変よくマッチします。

ストレートネックにフレット残5割ほどで細部までよく調整されハイポジションまで演奏性良好です。トップに一つデントがある他は、目立った傷などもなく大変美しい状態です。電気系統はトグルスイッチが年式相応にやや固くなっていますがその他全体に良好、電気系はすべてオリジナルと思われます。サウンドもコンディションも良いヴィンテージ・ギブソン・フルアコースティック、良品をお探しの方にもオススメしたい一本です。
製造1961年
コンディションEXC.+
カラーサンバースト
ボディメイプル合板
ネックメイプル&ウォルナット3P
指板ハカランダ
ピックアップタイプパッシヴ
ピックアップ構成HH
ナット幅42mm
スケール590mm、ショート
フレット数22
ネックジョイントセットネック
弦高可変式
重量2.95kg
ケースオリジナルハードケース
修理・カスタマイズケースの取手交換
コンディション特記詳細お問い合わせください

在庫確認・お見積はこちら

電話:078-391-1134 FAX:078-391-1186
でのお問い合わせも承っております。

フリーダイヤルで
お問い合わせ
0120-175045
LINE@で買い取り査定