• トップページ
  • 楽器在庫
  • 新着楽器
  • セール
  • ソフト&アクセサリー
  • 買取/下取/委託販売
  • リペア/調整
  • ウィッシュリスト
トップページ > お知らせ > ウクレレ特集
What’s New お知らせ
2016.12.01

ウクレレ特集

ソプラノ

 

1-42-1-1Famous FGS-2 2000s
純国産の良品で知られるFamous。本器はその上位機種、ファイングレードシリーズのFGS-2モデルです。ボディは杢の美しいフレイムコアのオール単板仕様、たいへん丁寧なつくりで、アバロンロゼッタや鼈甲柄バインディングに品格が感じられるソプラノウクレレです。

 

1-41-1Kamaka HF-1D 2003
1916年に誕生した世界的なウクレレブランド、カマカ。本器はその”HF-1D”モデル、カマカの代表的なソプラノサイズHF-1の上級機種です。上質なコアボディから立ち上がるブライトでハリのある音色は粒立ちもはっきりして抜群の音量です。

 

1-17Kamaka Pineapple 1960s
2016年に100周年を迎えたハワイのウクレレメーカーKAMAKA。1916年の創業当時は今のようにボディサイドの材をスティームで曲げる機械はなく、焼きごてで一つ一つ製作されていました。上質なコア材で作られたパイナップル・ウクレレ独特の甘くメロウなサウンドは温かくふくよかな印象の中に高音域の響きが美しく、コロコロと可愛らしい音色を響かせてくれます。

 

1-21-3Kamaka Keiki Soprano 1960s
ハワイのウクレレメーカー、カマカのエントリーモデルを販売する”ケイキ”。そのブランド名はハワイ語で「子供」を意味し、上質なつくりと手ごろな価格は世界各地で高い人気を得ています。マホガニーのボディから響くウッディなサウンドは太く、高音域は優しく温かみがあり、ソロはもちろんアンサンブルにもよく合う存在感のあるサウンドです。

 

1382-3Martin 5K c1930
”King of Ukulele” の名で知られるMartin 5K、1922年から1940年までに生産された台数は約965台。世界の市場でも希少で、プレイアビリティ良好な個体も僅かな数になっています。本器は1920年代~’30年代に製作された、コンディションの良い個体です。

 

 

1-36Martin Style-2K 1920s
Martin ソプラノウクレレStyle-2K、1920-‘33年の短い期間に製作されていた希少モデル、本器は1920年代に製作された、たいへんコンディションの良い個体です。枯れて乾ききったコアのはじけるようなサウンドは格別、この年代の良品にしか出せない美しい響きです。オールドコアの深く軽やかなニュアンスに加えて、澄み切ったクリアーなトーンと程よいサスティン。往年の景色が目に浮かぶような音色です。

 

 

コンサート

 

1-14Ceniza by T&K Concert c2000
豊かな自然に囲まれたハワイ・オアフ島ワイアナエに工房を構えた”CENIZA by T&K”は主人のセニーザ氏と妻キャサリンにより上質な手工ウクレレを生産していました。たいへんサウンドよく、カラッと歯切れの良い響きは中音域がふくよかに出て甘い音色も感じられ、澄み切った音色はハワイ西海岸のイメージと重なります。コードは華やかで単音はほどよいサスティンがあり、ソロ、アンサンブルいずれにも活躍します。

 

1-38Imua iC Concert 2010s
イムアウクレレ社は、2000年代後半、ハワイアンコアや珍しい外来木材を供給してきた木材業者ジョーマ · ウィンクラー氏と、日本で30年以上の楽器製作の経験を持つ長野県松本市在住の高橋信治氏により始まり、2012年にホノルルに工房を構え、完全ハワイメイドの手作りで製作が開始されました。サウンドもたいへんよく、奥行きのある艶やかなトーンは素晴らしいかぎりです。

 

17VALLEY MADE Concert Tenor Neck c2009
オアフ島西部Waianaeに工房を構えるValley Made。セニーザの甥にあたるオーナーのジョー氏による作品はハワイ産ウクレレの中でも最高レベルといわれ、オアフ西部の雰囲気を感じさせます。ロングスケールから生み出されるダイナミックなサウンドはしっかりと芯があり、コードを奏でると箱鳴りがたいへん心地よく響きます。

 

321-2National Style N 1998
リゾネイーター楽器の元祖として世界に名をはせるNational。本器は希少なブラスボディのリゾネイター・ウクレレ、年式からしますとモリダイラ楽器が代理店であったころの1本です。リゾネーターギターをそのままサイズダウンさせたようなルックス、シンプルなヘッドロゴ、小ぶりでかわいらしいボディ。ブラスボディにシングルコーンの豊かなリバーブはボリューム感も十分にあり、キラっとした金属的な伸びのある響きを楽しめるウクレレです。

 

 

テナー

1-17-1Ceniza by T&K 6string c2000
本器は2000年前後に製作されたテナー6弦モデル、たいへんサウンドの良い1本です。ボディ、ネック、フィンガーボードまで上質なコア材が使われ、ウェザーチェックの入ったボディの風合いがハワイの色彩を感じさせます。テナー6弦の力強いサウンドは音量も十分、全音域にハリがあり、コード弾きでは心地よいドライブ感が得られます。

 

1-37-1-2Martin 1T Tenor c1960
1916年からウクレレを生産するMartin社により1928~1972年の間に生産されたオールマホガニーのテナーサイズ1T、14フレットジョイントの20フレット仕様と実用性十分、アコースティックギターからの持ち替えにもスムーズで当時は絶大な人気を博し、今もファンのたいへん多いモデルです。

 

1-19KOALOHA D-Ⅵ 2016
ハワイ・オアフ島のウクレレメーカー、コアロハ。ブランドの誕生から瞬く間に世界のマーケットで人気を博し、ダニエル・ホーらトッププレイヤーにも仕様されるブランドに成長しました。本器はハワイアンコアボディの “DⅥ”、たいへんサウンドの良い6弦ウクレレです。

 

1-40Sonny D Tenor c2010
ハワイ・オアフ島に工房を構えるSonny D氏により2000年代に製作されたテナーサイズの一本、国内では流通数の少ない素朴な味わいが感じられる良品です。ボディには杢目のたいへん美しいハワイアンコアが使われ、しっかりした作りは弾き心地も抜群、上質なハワイアンコアによる粒立ちのサウンドにはハリがあり、中低音が豊かで奥行きが感じられます。ソロはもちろんアンサンブルにも存在感を発揮するグッドサウンドです。

 

321-1PEGASUS TJ6 1995
Bob Gleason氏によるウクレレブランド”ペガサス”。 伝統的な工法に徹底的にこだわって製作された氏のウクレレは世界中のミュージシャンから支持を得ています。本器は4弦ウクレレをベースに1弦と3弦が複弦になった6弦テナーサイズ、サウンドホールはトップ上部左右に複数の穴が開けられたデザイン、ブランドネームに冠せられたペガサスの羽を彷彿させる美しい仕上がりです。

 

下取り査定 優遇

弾かれていない楽器を下取りさせていただきます。
査定をお気軽にお申し付けください。

査定専用フリーダイヤル 0120-175045

re_004