トップページ  >  楽器在庫  >  Weissenborn Style 2 1920s

ハワイアン・ギターとして誕生したアコースティック・ラップスチールギターの代名詞・ワイゼンボーン。本器は1920年代に製作されたと思われるWeissenborn Style2、アンティークな一本です。ピックアップやアンプなどの電気技術が未発達であった当時、より大きな音量を出すためにネック内も空洞にしたスクエアホロウネック構造はこの時代ならではのもので、その後メタルボディ等のリゾネーターが出始るとその存在は忘れられたかのようにみられましたが、マイクでサウンドを拾えるようになるとエド・ガーハードやボブ・ブロンズマンに代表されるトッププレイヤーに再評価され、その人気が再燃したのです。

ワイゼンボーンの製作本数は5,000本程度とされ、その多くがラップスティールギターでした。現在のラップスティールの源流ともいえるワイゼンボーンは現存する個体自体が少なくなり、本器も希少な1本といえます。

コア・ホロウのウッディで甘い音色はハワイアンのゆったりとしたムードが感じられ、メタル系とはまったく違ったウォームなフィーリングが心地よい響きです。短く音をカットすればカントリーやブルースなどの切れ味のあるトーンも味わい深く、オープンチューニングすると深いリバーブがしばし別世界へと誘ってくれます。

コンディションは経年からみてキズも少なく、各部しっかりとセットアップされ演奏性良好です。ワイゼンボーン・ファンならずとも、このサウンドの世界へ惹きこまれることでしょう。
製作1920年代
コンディションEXC.+
トップハワイアンコア
サイドハワイアンコア
バックハワイアンコア
ネックハワイアンコア
指板ハワイアンコア
カラーナチュラル
ナット幅 49mm
スケール 636mm
ケースハードケース
修理・カスタマイズ詳細はお問い合わせ下さい

在庫確認・お見積はこちら

電話:078-391-1134 FAX:078-391-1186
でのお問い合わせも承っております。

フリーダイヤルで
お問い合わせ
0120-175045
LINE@で買い取り査定