トップページ  >  楽器在庫  >  Fender Jazzmaster 1966

1950年代、レオ・フェンダーはジャズに対応するギターの開発に着手し、Fenderとして初めてローズウッド指板を採用し1958年に発売された名機Jazzmasterはジョー・パスらジャズギタリストに愛用されました。リア・ピックアップのワイルドなサウンドはベンチャーズなどのサーフ系バンドのギタリストや1970年代以降のガレージロック、1990年代以降のオルタナティブ・ロック系、近年ではシューゲイザー系のギタリストに愛用され、1980年頃に製造終了した後も1986年よりフェンダー・ジャパンが製造し、1999年よりフェンダー・USAでも再生産販売が行われています。

本器はその源流となった1966年製。スラブボード指板、ネックにはバインディング、ポジションマークはドット。ヘッドデカールには雲状の模様があしらわれた、仕様変更の過渡期にあたる個体です。

コントロールはピックガードにまとめられ、1vol,1tone,3wayセレクター、プリセットトーン回路(スイッチ、プリセット用vol、tone)セレクターはネック・ピックアップ、ミックス(並列)、ブリッジ・ピックアップをチョイスでき、プリセット・トーン/ボリューム回路をオンにするとフロント・ピックアップのみが作動します。ボディ上部にあるボリュームとトーンで音色と音量を調節でき、設定した音色を演奏中に呼び出せる設計です。

ピックアップの見た目はギブソンP-90に近く、音色は通常のシングルコイル・ピックアップよりかなり太く、ステージでの存在感抜群です。フロントピックアップはファットで芯が太く、ハリのあるトーンは素晴らしいかぎりです。

特徴的なブリッジはチューニング精度よく、アーム使用時のピッチも抜群、抱えると非常にバランスよく、座っても安定するオフセットウエストと呼ばれる左右非対称のボディシェイプが体にしっかり馴染んでくれます。スタンディングポジションもホールドしやすく、長時間のプレイにも快適です。まさにプレイヤーのために設計された秀逸なギターです。

Cシェイプストレートネックはフレット6割程度残りハイポジションまで演奏性良好、往年の使用感はございますが全体に貫禄を感じさせ、フルオリジナルと思われるコントロールも快調に動作しています。貫禄の1966年製ジャズマスターです。

ネックデート:13FEB66B
製造1966年
コンディションEXC.+
カラーサンバースト
ボディアルダー
ネックメイプル
指板ローズウッド
ピックアップタイプパッシブ
ピックアップ構成2S
ナット幅41mm
スケール648mm、ロング
フレット数21
ネックジョイントボルトオン
弦高可変式
重量約3.6kg
ケースHC
修理・カスタマイズ詳細お問い合わせください
コンディション特記ヘッドロゴ一部剥離

在庫確認・お見積はこちら

電話:078-391-1134 FAX:078-391-1186
でのお問い合わせも承っております。

フリーダイヤルで
お問い合わせ
0120-175045
LINE@で買い取り査定