トップページ > ブログ > アンジー
2017.12.20

アンジー

アップルギターズの花井です。昨日、お客様と一緒にポール・サイモンのアンジーを弾き、久しぶりにCDを聴き直してみました。

今から40年以上前、私が高校生のころ、ギター仲間のあいだでこの曲が弾けるか否かが、「こいつはギターがうまいかどうか」という線引きになった曲です。

20171220_01

CD 左から
デイヴィーグラハム「The Guitar Player Plus」
バートヤンシュ「バートヤンシュ」
サイモン&ガーファンクル「サウンド オブ サイレンス」

当時私はヤマハの1万円ぐらいのギターを持っていましたが、文化祭の時、同じクラスのW君は10万円もするS.Yairiを持ってきて、アンジーを完璧に弾いたのです。私も周りで聴いていたみんなも「レコード聴いてるみたい」とぶっ飛んだ思い出があります。

TABはもちろん楽譜もなかなか手に入らなかった時代です。同じ学年でアンジーを弾けたのは、多分彼だけだったでしょう。私も耳コピで「アンジーの遠い親戚」みたいな曲をたまに弾いていた覚えがあります。

この曲にまつわる思い出をもつのは私だけではないでしょう。今50歳以上のお父さんたちにとって、自分の音楽人生をやや左右した一曲ではなかったかと思います。

この曲の作曲者は、ポール・サイモンではありません。ポール・サイモンは1960年代に渡英したときアンジーの演奏で有名なバート・ヤンシュから教わったとの逸話がありますが、バート・ヤンシュもこの曲の作者ではありません。彼らの先輩格にあたるブリティッシュフォークの巨匠デイビー・グレアムの作曲によるものです。

美しくも切ないポールの演奏。ドラマティックで緊張感漂うバート。そして、飾り気なく孤高にギターを奏でるデイビィー。どの演奏も素晴らしいものです。彼らの音の聴き比べて、流れに心を乗せて、贅沢な時間を過ごすのも良いでしょう。また、3FにカポをしてAmフォームで弾き直してみるのも一興です。

現在の日本でのギターインストの原点の一曲ともいえる切なく美しい曲です。

最新のお知らせ

2019年3月16日

Gibson オールマホガニーLG-0 初年度1958年製

オールマホガニーのスモールボディ・ヴィンテージ。初年度生産品です。ビス止めの黒ピックガードとローズウッドのレキュタングラーブリッジ。ラダーブレイシングのパーカッシブで軽やかなサウンドの中に枯れたマホガニーらしい甘い響きが心地いいサウンドです。詳細はこちら https://www.apple-guitars.com/2019/03/16/4053ag2030/

1

2019年3月15日

ブライアン・サットン・リミテッド・エディション!

2014年に世界30本のみ製作されたボジョアのブライアン・サットン・リミテッド・エディション。その限定モデルが、ブライアンのオリジナルD-150と全く同じスペックで再受注が可能になりました。アップルギターズからボジョア日本代理店を通じてオーダーしていただけます。詳細はこちら

bryan_sutton

すでに1点オーダーが入り、メイン州のボジョア工房で製作が開始されています。トップはエイジドトーン加工された最高級のアディロンダック・スプルース、サイド&バックは厳選されたハカランダ。CITES通関のため、5〜9ヶ月後に日本へ納品されます。オーダーのご相談は、オーナー花井まで。

2019年2月26日

ロバート・ジョンソンを彷彿させる、たいへんサウンドの良いアーリー・ギブソン

1920年代後半に製作された、Gibson L-1です。アーチドトップからフラットトップに仕様変更されたのは1926年、12フレットジョイントは1932年まで。ロゴスクリプトの形状から1929年ごろの個体と思われます。往年の歴史をとともにブルージーなサウンドを楽しめるアーリー・ギブソンです。

1

詳細ページ https://www.apple-guitars.com/2019/02/24/4033ag2017/

 

2019年2月25日

Bourgeois OM Custom KOA

花井です。ショップにはマスターピースが入荷しております。ディナ・ボジョア氏自ら工房のストックを厳選して選んだ最高級のコア材が使われた “OM Custom KOA”。漆黒のエボニー指板と駒、ヘリンボーンロゼッタとヴィンテージ・ヘリンボーン・パーフリング、べっこう柄ピックガード。深く澄んだコアの響きも格別、これから弾きこむのが楽しみなギターです。

bourgeois2

詳細はこちら https://www.apple-guitars.com/2018/10/12/3949ag1978/

2019年2月23日

1957年製Martin D-28

ショップは入荷ラッシュ!サウンドに心奪われる瞬間があります。1957年製Martin D-28。貫禄のマーティン・ハカランダです。

IMG_8116