トップページ > ブログ > アンジー
2017.12.20

アンジー

アップルギターズの花井です。昨日、お客様と一緒にポール・サイモンのアンジーを弾き、久しぶりにCDを聴き直してみました。

今から40年以上前、私が高校生のころ、ギター仲間のあいだでこの曲が弾けるか否かが、「こいつはギターがうまいかどうか」という線引きになった曲です。

20171220_01

CD 左から
デイヴィーグラハム「The Guitar Player Plus」
バートヤンシュ「バートヤンシュ」
サイモン&ガーファンクル「サウンド オブ サイレンス」

当時私はヤマハの1万円ぐらいのギターを持っていましたが、文化祭の時、同じクラスのW君は10万円もするS.Yairiを持ってきて、アンジーを完璧に弾いたのです。私も周りで聴いていたみんなも「レコード聴いてるみたい」とぶっ飛んだ思い出があります。

TABはもちろん楽譜もなかなか手に入らなかった時代です。同じ学年でアンジーを弾けたのは、多分彼だけだったでしょう。私も耳コピで「アンジーの遠い親戚」みたいな曲をたまに弾いていた覚えがあります。

この曲にまつわる思い出をもつのは私だけではないでしょう。今50歳以上のお父さんたちにとって、自分の音楽人生をやや左右した一曲ではなかったかと思います。

この曲の作曲者は、ポール・サイモンではありません。ポール・サイモンは1960年代に渡英したときアンジーの演奏で有名なバート・ヤンシュから教わったとの逸話がありますが、バート・ヤンシュもこの曲の作者ではありません。彼らの先輩格にあたるブリティッシュフォークの巨匠デイビー・グレアムの作曲によるものです。

美しくも切ないポールの演奏。ドラマティックで緊張感漂うバート。そして、飾り気なく孤高にギターを奏でるデイビィー。どの演奏も素晴らしいものです。彼らの音の聴き比べて、流れに心を乗せて、贅沢な時間を過ごすのも良いでしょう。また、3FにカポをしてAmフォームで弾き直してみるのも一興です。

現在の日本でのギターインストの原点の一曲ともいえる切なく美しい曲です。

最新のお知らせ

2018年12月24日

【店内試奏会】1月14日(月・祝) feat.フジタユウスケ Farida “Old Town”シリーズ試奏 & ブルースセッション

花井です。昨年より幾つかのヴィンテージ・ショップ様とともに米国Elderly社が開発したFarida”OT”シリーズの輸入に取り組んでまいりましたが、今年8月よりOT-22, OT-62の2機種が販売開始、非常によく売れております。そのFaridaの公式使用アーティストのひとりフジタユウスケさんが、年明け1月14日(月・祝)にアップルギターズに来店、店内でFarida試奏会を開催します。

20190114_01

すでに打田十紀夫さん、有田純弘さん、AKIさんらベテランが愛用しておられ、フジタさんのような若手プロにもファンが増えているようです。イベント詳細はこちら https://www.apple-guitars.com/info/20190114/ ぜひお越しいただき、オールドな魅力たっぷりの新しいギターを体験してみてください。

なお試奏会の後には近くのスタジオ246WESTさんでブルースセッションが予定されているそうです。こちらもぜひご参加下さい。

2018年12月7日

Martin ’40年代OOOマホガニー

花井です。私の好きなMartin ’40年代OOOマホガニー2台。長い年月を経た枯れ具合もそれぞれに素晴らしいかぎり。時間を忘れて弾いていたくなります。’60年代との弾き比べも贅沢なひとときです。

IMG_7508

OOO-18 1942
OOO-18 1946
OOO-18 1969

2018年11月25日

ヴィンテージ・ハカランダD-28

ショップには毎日のようにギターが入荷してまいりますが、最近特にサウンドの良いギターといえば、こちらの1957年製Martin D-28 になります。
https://www.apple-guitars.com/2018/09/13/3932ag1970/
この年式はバースイヤーでお探しの方も多いのではないでしょうか。深くふくよかなハカランダの箱鳴りは格別です。至福のひとときを味わえるヴィンテージ・ギターです。
d-28 1950s

2018年11月25日

こんにちは、篠原です。秋は新しいジャンルにチャレンジする方からのお問い合わせが多いシーズンです。ショップにはナイロン弦に持ち替えを検討中の方におすすめのエレガットが入荷しております。
Takamine CD132SC c 2000
https://www.apple-guitars.com/2018/10/07/3945cg0217/
1-3
Takamineシダートップのカッタウェイ・エレガット。合板で価格は安めながらサウンドと演奏性はステージ即戦力で通用するハイクオリティです。さすがTakamineです。弾きやすくサウンドの良いエレガット、この価格帯ではなかなか見つからないですよね。アコースティックやエレキギターから持ち替え用にお探しのベテランさんから初心者までおすすめの1本です!お問い合わせはお早めにどうぞ。

2018年10月23日

打田十紀夫さん有田純弘さん絶賛!Farida OTシリーズ店頭でご試奏いただけます

タルミです。アップルギターズで販売しております、エルダリーが開発したギブソンLG-2タイプの人気モデル「ファリーダ」OT-22の魅力について、打田十紀夫さん、有田純弘さんによる対談がGakkiソムリエに掲載されています。

https://www.j-guitar.com/…/2018/10/farida-uchida-arida.html…

gakki-s8月の発売開始から2ヶ月、当店で実際に買われたお客様の評判は上々、かなり気に入ってくださっているようです。ユーザーの評価をご紹介します。

「すごく弾きやすい」
「満足」
「ハードケースが付いてこの値段は超お買い得」
「良いギターを買わせていただきました」

全般の感想としては「小ぶりボディで気軽に弾ける優良モデル」「ラグタイムやカントリーブルース、フォーク、ブルースにも良い」「セカンドギターとしても、学生さんの最初の1本としてもおすすめ」といった感じです。いいですね!アップルギターズの店頭でご試奏いただけます。

在庫はこちら https://www.apple-guitars.com/products_filtering/…

随時入荷中です。問い合わせ:花井 078-391-1134