トップページ > お知らせ > Gibson Byrdland
What’s New お知らせ

Gibson Byrdland

 

ギブソン バードランド

テネシー州ナッシュビルでスタジオミュージシャンとして活躍していたビリー・バードとハンク・ガーランドはギブソンのギターをカスタムメイドし、彼らの名前からByrdland(バードランド)とネーミングされました。1955年のことです。

ボディサイズはL-5と同じ17インチのボディ幅に対して、ボディ厚は2¼インチと若干薄く、スケールは23½ “のショートスケール。ピックアップは当初PU-480が搭載されていましたが、その後オリジナル・PAF・ハムバッキング(通称ナンバードPAF)に変更されています。

ボディ形状は1955年から1960年まで丸みを帯びたヴェネチアン(ラウンデッド)・カッタウェイで製作され、1961年から1968年にかけてはフローレンタイン(ポインテッド)・カッタウェイ、1968-1969年にかけて再びヴェネチアン・カッタウェイへと仕様変更されています。

ナット幅は1955年から1969年初めにかけて1-5 / 8 “と狭く、1969年に標準の1-11/16 “に変更されました。1970年代には再びナロー仕様の個体も発売されています。

メロウなトーンにスピード感のあるレスポンス、軽やかで深みのある響き。ショートスケールによるタイトで艶やかなサウンドは他のギターにはないものです。使用したギタリストはテッド・ニュージェント、ジョン・マクラフリン、アンソニー・ウィルソン、ルイ・シェルトン、デビッド・T.ウォーカー、ジェームズ・ブラッドウルマー、エリック・クラプトンまで、ジャンルを超えた個性的なプレイヤーが居並びます。時代を超えて受け継がれる唯一無二のトーン。それがByrdlandです。

’60s Byrdland

Gibson Byrdland 1962-1963Gibson Byrdland 1962-1963
Gibson Brydland。1962〜’63年ごろに製作された、ジム・メッシーナが所有していた個体です。フローレンタインカッタウェイがシャープな印象を与えます。ロッドカバーにCUSTOMの表記が入っています。ピックアップはナンバードPAF2基、2vol, 2tone, 3wayセレクターを搭載、各弦のセパレーションよく、速いレスポンスとバランスの良いトーン、甘くヌケの良いホロウサウンドに枯れた箱鳴りのシャープさが奥行きを感じさせます。ジャジーなテイストがたまらないサウンドです。

 

Gibson Byrdland 1968Gibson Byrdland 1968
1955年に登場した”Byrdland”。 シンボディーにショートスケールの独自の仕様とサウンドで人気を博しています。本器は1968年製ラウンド・タイプのカッタウェイ、たいへんサウンドの良いヴィンテージ品です。乾いた木鳴りは立ち上がりが早く、とても心地いいフィーリングです。経年したナンバードP.A.F.のクリアーなサウンドはトーンを絞ると極上のジャズトーン、レスポンスが素晴らしいギターです。

 

無金利ローン ご利用ください

ローン+現金+下取り etc. お支払方法の組み合わせを選べます。一番お得なお見積りをご相談ください。

jaccs

下取査定 人気機種優遇中

弾いておられない楽器を下取しております。まずは査定をお気軽にどうぞ。

btn_satei

 

 

 

 

フリーダイヤルで
買い取り査定
0120-175045
LINE@で買い取り査定