ヘッドレスギター愛を語る~スタインバーガーを試奏~

講師 関芳徳講師 関芳徳

こんにちは。ギター講師の関です。

今日は愛用のギターのお話を。

 

皆さんのギター、愛機はどのような形をしていますか?

僕は所謂「ヘッドレス」のギターを愛用しています。

読んで字のごとく、ギターのヘッドがありません。

 

そもそもヘッドの役割はチューニングです。

チューニングするためのペグがそこに装着されているから

ヘッドが必要なんです。

 

しかし!

1980年、もともと家具デザイナーであったネッド・スタインバーガーさんが

「そもそもこの部分は必要なのか?」

と、固定概念を覆す発想から、ヘッドレスギターというものが完成販売されました。

 

スタインバーガーのギターは、チューニングの為の機構はボディ側についています。

 

「ヘッドレス」

僕はこんなに理にかなったデザインは無いと思っていますし、

僕自身自他共に認めるヘッドレスギター愛好家です。

 

そんなある日、アップルギターズに、

ヘッドレスギターの代名詞「スタインバーガー」が3タイプ同時に入荷され

早速試奏してみました。

 

1本目はボディ・ネック共に木材ではなく

グラファイトという樹脂で出来た定番の小型で四角い白のGL3T。

 

2本目はボディが前者よりギターらしい形をした

ナチュラルメイプルのGM1T。

 

3本目はフライングVのようなV型の赤のGP2S。

2.3本目はボディは木材でネックのみグラファイトです。

興奮して試奏しました。

見た目もそうですが、それぞれが目的が違うのだと判るトーンバリエーションで

惚れ惚れしました。

 

うーん、やっぱスタインバーガーはいい。

今スタインバーガーは製造されていないのです。

こんなに素晴らしいのに。。

 

気になる方はこの機会に是非、おススメです。

 

次回はその元祖ヘッドレスギター、スタインバーガーの魅力について

もう少しお話ししましょうかね。

それではまた。

 

講座 ギター入門

講座 ギター弾き語り

講座 フィンガースタイル、ソロギター

講座 バンドアンサンブル ロック、ブルース、ジャズ

 

 

この講師の体験レッスンを申し込む