ジャム会ギターサークル ゲスト・渡辺三郎さん

様々なジャンルの音楽のプレイスタイルをセッション形式で弾く「ジャム」形式でアコースティック楽器を楽しむ会です。ゲストは40年以上にわたり神戸の音楽シーンを牽引する渡辺三郎さん。初めて参加する方も、2ビートでリズムを刻み、ジャムの基本を身につけましょう。

————————————————————————————

次回開催は

2018年8月19日(日) https://www.apple-guitars.com/school/20180819jam/

詳細は上記イベントサイトでご確認ください

————————————————————————————

神戸のライブハウス、音楽フェス、ギタースクールのつながりを
中心とした自主運営の集まりです。(協力:アップルギターズ、アップル音楽スクール)

ゲストは宝塚ブルーグラスフェスティバルでおなじみの渡辺三郎さん。アップル音楽スクールの講師がワンポイントレッスンします。

ギターの仲間が欲しい方、一緒に弾きたい方、お喋りしたい方、
弾き方を教えてほしい方、自由にお集まりください。
中学生・高校生連れ歓迎!

対象楽器:
ギター、マンドリン、バンジョー、フィドル などアコースティック楽器

ジャム セッション実施要領

初めて出逢う人と、世界中でセッションできる「ジャム」! 必要なのはアコースティック弦楽器、そして「ツービート」と「スリーコード」、慣れてくればインプロバイズだって……! そんな音楽の楽しみ方です!
あなたも日本的住宅事情を飛び超えて、ジャムセッションを始めませんか? 同時にポップ音楽の歴史やその基本の奏法、そのルーツを知りより深く音楽を楽しめますよ……!? 渡辺三郎

●ジャム会の主旨
このピッキンパーティーは、1851年にジョン万次郎が日本に初めて伝えたアメリカンポップ「オースザンナ」に始まり、世界中で慕われるスコットランド民謡の「蛍の光」で終わります。その間にさまざまな曲に挑戦し、ここで初めて出逢った参加者の皆さんが持ち寄った弦楽器で、音量とリズム、そしてコードを合わせるジャム会(セッション)です。
音楽で言うジャムは文字通り、複数の人が音をジャムのようにグチャグチャに混ぜ合わせること。従って楽譜とは無縁の音創りで、人に聞かせるためではなく、即興でミュージシャン同士が楽しみながらお互いがあたらしいアイデアに出逢ったり、技術を磨いて響き合う刺激的な場です。そのために、ジャム場は弾くことと同じくらい、否、それ以上に参加者みんなの音を聴く(尊重する)ことが大切な場所です!
余裕がある人は各自がソロをとりますが、複数の人が共通のグルーヴに身をゆだねる至福が本来の目的であり、技術の優劣とはまったく無縁のセッションで、初心者でも気軽に参加できる実験場でもあります。

●ジャム会プログラム進行方法
ジャム会/ピッキンパーティーでは時間の許す限り下記のような世界的なフォークソングや日本の唱歌をスタンダードのジャム曲としてひたすら弾きつづけます。また、ミーティングごとに参加者が持ち寄ったあたらしい曲にも、可能な限り次々と挑戦していきます。
まずジャム会では参加者が車座になり、曲ごとにもっともシンプルなそのリズムとコード、そしてメロディーを確認します。その際、皆さんが思いついたコードアレンジやインプロバイズ(アドリブ)のコツなどがあれば出し合います。
そののち、全員でジャムをはじめて何度かシンプルな手法で曲に馴染んだのち、車座の順に各自が可能な限りのソロを取って行きます。余裕があれば、インプロバイズに挑戦します。まだソロが取れない初心者などは自分の左側の人がソロを取っている間に、右側の人に「パス」と告げることにより途切れずにジャムをしつづけることができます。通常、その曲を弾き始めた人がその曲のリーダーとなり、何度か演奏を重ねたり、ソロを回したのち、リーダーの指示で曲を終えます。
ジャムが一通り終わったあとも、思いついたアイデアや気になった音を確かめ合います。ジャム会とは、そんなことの繰り返しです。
ジャンルと時代を超えたスタンダードとして思いついた曲目です。今後順次追加します。
(ジャム スタンダード例)
外来種スタンダード:大きな古時計(Grandfather’s Clock)、森の熊さん(The Other Day, I Met a Bear)、わらの中の七面鳥(オクラホマミキサー,Turkey in the Straw)、埴生の宿(Home Sweet Home)、大阪にはうまいもんが一杯あるんやで(マクドナルド爺さん、Old McDonald’s Farm)、You Are My Sunshine, 線路はつづくよ、What A Friend We Have in Jesus(星の世界)、リパブリック讃歌(The Battle Hymn of the Republic)……。
そのほか季節には無縁に「きよしこの夜」、「ジングルベル」、「赤鼻のトナカイ」などのクリスマスソングも、誰もが知るスタンダードとしてよく取り上げます。
国内産スタンダード:浜辺の歌、花(隅田川)……。

講座に問合わせをする

講座タイトル





ご質問など




レッスン料金は先払いになります。
振替はできませんので、ご注意ください。