ギター
新田 真一郎

甲陽音楽学院卒。エレキギターを土野裕司氏に、クラシックギターを長野文憲、中川誠氏に師事。現在はレストランやホテルでの演奏、メジャーアーティストのサポート、ギター講師などJazz、Fusion、J-pop、Rock、ジャンルを問わず関西中心に活動中。

2018年度発表会のお知らせ
講師 新田真一郎講師 新田真一郎

ギター&ウクレレ講師の新田です。

今年も発表会のシーズンがやってまいりました!

 

下記日程で「アップル音楽スクール」2018年度発表会を開催いたします。

 

日時 2018年12月2日(日)9:00-リハーサル 12:00開場 13:00開演 16:00ごろ終了予定

会場 ミュージックバー Ellie’s

 

神戸・北野のジャズクラブを貸し切り、講師によるバンドサポートで実施。

発表会を目標にレッスンを重ねてきた生徒さんたちの成果を、ぜひ一緒にお楽しみください。

今年はギター・アンサンブルのほか、ソロ、弾き語り、ウクレレ、ピアノで出演する生徒さんも多いようです。

観覧無料です。

 

なお、会場はエリースさんのご厚意でお借りしております。

観覧のお客様は、1ドリンク以上のオーダーをお願いいたします。

この講師の体験レッスンを申し込む
ギターが「弾けない」原因
講師 新田真一郎講師 新田真一郎

こんにちは、ギター講師の新田です。

 

 

テンポが速い曲、難しい運指のフレーズなど

 

「練習してもなかなか弾けない!」という時、ありますよね。

 

 

よくあるのが「原曲と同じ速さで反復練習、弾けない箇所で何度も止まってしまう」

 

というパターンです。

 

 

頭と手が「難しい!」と思い込むと、

 

必要以上に力んでしまいがちです。

 

 

同じフレーズを繰り返し弾いて、間違ったところで止まると、

 

そこで間違う癖がついてしまうので、要注意です。

 

 

では、どうすれば良いかです。

 

 

反復練習する時は、まずリラックスする事を心がけて、

 

テンポを落としてスタートしましょう。

 

間違って止まることのない速度で練習するのです。

 

 

メトロノームを使って、確実に弾けるテンポで弾きはじめるのはオススメです!

 

 

また、もうひとつの原因は、

 

「指が思うように動かない」

 

「ピッキングが上手くいかない」

 

などのフィジカル面の不足かもしれません。

 

 

そのときは、基礎練習をとりいれて、テクニックを鍛えましょう。

 

 

私のレッスンでは、曲練習と並行して

 

左手をリラックスさせる運指練習や、

 

フィジカル向上の基礎練習などもしていただくようにしています。

 

アスリートで言う筋力トレーニングですね。

 

毎日少しずつフィジカルトレーニングすることで、

 

弾けなかったフレーズがみるみる弾けるようになりますよ!

 

講座 バンドアンサンブル ロック、ブルース、ジャズ

講座 ギター入門

講座 ギター弾き語り

この講師の体験レッスンを申し込む
エフェクターボード
講師 新田真一郎講師 新田真一郎

こんにちは、ギター&ウクレレ講師の新田です。

ギターを自宅やライブステージで弾いていて「今出している音は、想像した音と何か違うなー?」と感じたり「あの曲でプレイされているあの音を出してみたい」「もう少し変わった音を出してみたい」と思ったことはありませんか?

もちろん、まずはギターの機種や弾き方、アンプの設定によるサウンドメイクが基本ですが、最もサウンドを変えられるのはエフェクターを使うことです。

エフェクターには、ロックな歪んだ音が出せる「オーバードライブ」や「ディストーション」、やまびこ効果が出せる「ディレイ」、お風呂場やホールにいる時のような反響音を出す「リバーブ」といったスタンダードなものや、アコースティックギターでアンプからよりナチュラルな音を出すためのエフェクターなど、非常にたくさんの種類が販売されています。

私が最近よく使っているエフェクターは、最もメジャーなエフェクターブランドのひとつBOSSから出ているペダル”VO-1”、マイクをつないで声とギター音を混ぜて出力するものです。これが、中々変わった面白い音が出せます。

BOSS VO-1

多くのギタープレイヤーは好みのエフェクターを組み合わせてエフェクターボードを組みます。数が多くなるとノイズが入ってきたり、繋ぐ順番によってはあまり効果が現れなかったり…苦労したご経験をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、組み終わった時の達成感は素晴らしいですね(笑)

写真は、私のエフェクターボードです。

自分だけのエフェクターボードを作って今まで出したことのない音を見つけるのも、ギタープレイの楽しみのひとつといえるでしょう。エフェクター選びに悩んでいる方、ボードを組む際のコツを知りたい方は、アップル音楽スクールのレッスンでお気軽にご質問下さい!

 

バンドアンサンブル ロック、ブルース、ジャズ   無料体験レッスン実施中

 

この講師の体験レッスンを申し込む
効率的な運指と曲の覚え方
講師 新田真一郎講師 新田真一郎

今日は運指とコードフォームを中心にレッスンしました。
楽譜を使って練習する時、どうしてもタブ譜に頼った練習になりがちです。
丁寧な楽譜なら左手の運指まで書いてあるのですが、大体の楽譜は押さえる場所だけが書いてあることが多いですよね。
運指に迷った時、弾きやすさで運指を選んでもいいのですが、その場所のコードフォームやスケールから運指を選んであげるとスムーズな運指が可能になり、タブ譜だけではなくコードからも曲を覚えることができるので、曲を忘れにくくなります。

コードを意識しながら曲を覚えると、似ているコード進行や運指が出てくる曲も演奏がしやすくなりアレンジやアドリブへの応用もできるようになります。オススメの練習方法です。

この講師の体験レッスンを申し込む
ソロギターのコードアレンジ
講師 新田真一郎講師 新田真一郎

レッスン3年目、40代女性。ソロギターの生徒さんです。今日は基礎練習と新しい曲の運指、コードアレンジをレッスンしました。

基礎練習の成果が出てきて右手がとても安定するようになり、速いアルペジオを弾いてもきれいな音でサウンドするようになりました。

この講師の体験レッスンを申し込む